ウーマン

保険会社を選ぶポイント

自動車保険を提供する保険会社は複数ありますので、それぞれの補償内容や保険料を比較して保険会社を選ぶことが大切です。その際には、インターネットなどの口コミも参考にして、疑問点を保険会社に確認することで、自分に合った保険会社を選ぶことができます。

電卓と紙幣

家計を見直すタイミング

30代は、様々な意味で人生の転換時期に当たります。そのため、保険をはじめとした家計診断を行う必要があります。ファイナンシャルプランナーの意見を取り入れながら、自分たちに合った家計を作ることで、以後の生活を安定的なものにすることができます。

コンテンツ一覧

ウーマン

個人の節税としての加入

莫大な資産を相続する際には、高額の贈与税がかかってきますが、生命保険という金融商品を利用すれば節税対策を行うことが可能です。申込みに際しては保険加入の目的が節税対策であることを担当者に明確に伝える必要があります。

おもちゃの車

家計改善の第一歩

家計改善のため、自動車保険の見直しをし、代理店系自動車保険からダイレクト系自動車保険に切り替えました。決め手となったのは、保険料の安さと、事故対応に関する経験者の口コミでした。手続きも簡単で、補償内容は変わらず保険料が以前より半額近く安くなり、満足しています。

女の人

無駄を知り将来に備える

家計診断を自身で行い、無駄な部分に気付くことはとても困難です。ファイナンシャルプランナーなどの専門家に診断を依頼することは有効です。インターネットで予約を行い、無料で診断を依頼できるものもあります。30代の子育て世代ではこれからの子供たちのために、日々の生活を見直すよい機会となります。

効果が長く続く

グラフ

加入者は誰でも利用できる

保険は、死亡や怪我、災害など将来のリスクに備えるために加入するのが主な目的ですが、保険を節税対策として利用している加入者も少なくありません。保険料を支払うことにより、サラリーマンや自営業者の場合、所得税や住民税として納付すべき税額を少なくすることができます。生命保険料と介護医療保険料、個人年金保険料をあわせて年間12万5千円が非課税となり、所得額の計算から控除されます。これらの保険は、20年、30年と長期間に渡って支払い続けるため、長い目で見ると節税対策としてはかなり優秀です。また、節税対策に活用できる保険は、どれもほとんどの人が加入している一般的なものばかりなので、特定の人だけでなく、誰でも節税対策として利用しやすいのも特徴です。保険本来の目的である将来のリスクに備えつつ、所得税や住民税の節約にまでつながるのですから、多くの人がこの仕組を利用するのは当然と言えるでしょう。保険を活用した節税対策は、所得が多ければ多いほど、その効果が高くなります。所得税や住民税は、累進税率が適用されるためです。累進税率とは、所得が低い人は低い税率、所得が高い人には高い税率が適用される制度です。具体的には、所得が195万円以下の税率は5パーセントであるのに対して、所得が195万円超330万円以下の税率は10パーセント、所得が330万円超695万円以下の税率は20パーセントなどとなっています。所得が4000万円を超える人に至っては、所得税率が45パーセントを超えるため、節税対策は必須と言えるでしょう。

Copyright© 2017 節税対策のために生命保険を利用しよう【効果の高さをリサーチ】 All Rights Reserved.